I Know First | JIAM|一般社団法人国際資産運用センター推進機構
FINTECH PORTFOLIO

I Know First

I Know First
概要

PRODUCT OVERVIEW

AI-WealthTech社は、AIと機械学習を利用して、世界中の10,000を超える証券の自己学習予測とランキングアルゴリズムを開発しています。投資機会の発見のために、AIによる投資戦略の開発を行なっています。

RELEASE YEAR2012
市場

TARGET MARKET

金融機関(銀行、資産運用会社、ヘッジファンド、ファミリーオフィス、オンライン証券会社、トレーディング・プラットフォーム・ベンダー、投資ツール・ベンダー、情報提供ベンダー)、個人投資家。

資産クラス

ASSET CLASS

株式、インデックス。ETF中心ですが、コモディティ、通貨、債券型ETFもカバー。

日本カバレッジ

JAPAN COVERAGE

はい、東京証券取引所で取引された1,250を超えるほとんどの流動性のある株式をカバーしています。

料金体系

FEE STRUCTURE

Tier 1(AIで生成されランク付けされた予測レポート):期間、投資ユニバースの仕様とサイズ、ユースケース(内部使用と分析のみ、顧客へのサービス提供、再販売)に応じたサブスクリプションベースの料金が決まります。
ユーザー数と投資ユニバースの規模に応じて$ 7,000〜$ 20,000 /月です。

Tier 2(投資商品開発、投資戦略ライセンス):マネジメントフィー、パフォーマンスフィーの収益を分配する形で料金が発生します。

階層の説明(簡略版、詳細版はプレゼンテーションを参照ください):
Tier 1:AIベースのランク付けされた予測は、毎日更新されるレポートの形式で提供され、顧客のニーズに合わせて調整されます。
– アルゴリズムに基づいて、投資家が最良の投資機会を特定したり、トレーディング・アイデアを開発するのを支援します
– 既存の投資/助言プロセスに必要な部分として使用します。(AIベースの取引アイデア創出および投資機会選別として)

Tier 2:AI駆動型投資商品:AIベースのランク付けされた予測を利用し、体系化された投資戦略の開発により、AI駆動型投資商品を開発します。ここでの最終的な商品は、ファンドに組み込まれる戦略そのものです。 I Know Firstは、ファンドの資産運用会社が取らなければならないポートフォリオのポジションを提供します。

APIの詳細

API DETAILS

Q
現在の顧客

CURRENT CUSTOMERS

Q
優位性

COMPETITIVE ADVANTAGE

  • 1

    アジア市場の数千株の株式について、異なる投資期間を対象とした、定量的なAIベースの日次予測をしています。
    アナリティクス:AI 駆動型

API

Q&A

Q
どのような製品を提供していますか?
A
I Know Firstは、株式、通貨、コモディティ、バイナリオプション、金利(債券)、ETFなど様々な資産の市場を予測します。アグレッシブ、ヨーロッパ、アップル、バンクオブアメリカ、FTSE 100、ゴールドの予測など、特殊な在庫予測も行っています。当社は、これらの市場を日々予測し、ポートフォリオのカスタマイズ可能性を示唆するサービスを提供していマス。トップ5、トップ10、トップ20、コモディティ、通貨、世界のインデックスの予測を見るには、I Know First 製品ページをご覧ください。
Q
予測をカスタマイズすることはできますか?
A
はい。ポートフォリオ予測サービスに連携した資産を選択するためのさまざまなサービスを提供しています。
Q
どの製品をお勧めしますか?
A
最も大きなシグナルを持つ資産は、予測される方向に大きく動く可能性が最も高いため、Top 5、Top 10、およびTop 20の製品を推奨します。シグナルの詳細については、上記の各株価予測の記号/数字は何ですか?を参照してください。
Q
どのような顧客がいますか?
A
当社の顧客は非常に多様です。機関投資家では、当社の典型的な顧客はファミリーオフィス、ヘッジファンド、資産運用会社、銀行です。社内のリサーチ部門やアドバイザリー部門、カスタマイズされた取引アイデアからプレミアム顧客のためのツールの作成、多様な投資ビークル構築など、私たちのソリューションはさまざまな利用方法があります。一方、私たちは、個人投資家にさまざまな標準化された製品を提供することによって、この技術の恩恵を享受できるようにサポートしています。
Q
S&P 500株予測とは何ですか、なぜそれを含めるのですか?
A
S&P500は米国の主要なインデックスであり、米国の株式市場の方向性を示す一般指標です。アルゴリズムがS&P 500が上がると予測する場合、株式市場が一般的に上昇するという良い兆候であり、意思決定に役立ちます。一般的には、S&P500がプラスの予測を有する場合にはトップ10株式を買い、S&P500にマイナスの予測がある場合には、ボトム10の株式を売ることが望ましいです。
Q
IKnowFirstの株価予測を使って、どのように投資すべきですか?
A
投資する簡単な方法は、サンプルポートフォリオで行ったように、I Know Firstの3カ月間予測のトップ10株式をすべて四半期の初日に均等に購入することです。ただし、アルゴリズムの傾向を把握するために予測を毎日確認することをお勧めします。例えば、アルゴリズムは2012年12月9日の早い段階でAlcatel-Lucent(ALU)の上昇を予測し始めました。しかし、その上昇傾向の真っ只中に大きな修正がありました。毎日ALUのアルゴリズムのシグナルを追ってみると、ALUの株価下落につながるシグナルの減少傾向と、上昇する前の非常に強いシグナルの傾向が見られます。 2013年1月1日のALUのシグナルはわずか152でした(次の3ヶ月間で5.04%減少しました)。 2013年4月1日のALUのシグナルは2561(3ヶ月間で34.59%増加)でした。 ALUは最初に進められて以来73%以上増加しています。
Q
予測可能性とシグナルの使用方法は?
A
投資家はシグナルの強さと予測可能性の両方を考慮することをお勧めします。予測可能な株式はほとんど動かず、予測不能な株価は劇的に動くと予想され、共に魅力的な投資にはならないでしょう。
Q
どのタイムホライゾンを追うべきでしょうか?
A
長期予測(1ヶ月および3ヶ月)は、アルゴリズムが長期トレンドをより簡単に見つけることができるため、予測可能性が高い傾向があります。この2つのタイムホライゾンを最も厳密に追うことを提案しますが、反動的な短期的なホライゾンが市場の短期的なボラティリティの理解に役立ちます。おそらく、強く肯定的な3ヶ月予測の株価が短期的なマイナス予測を示していることが分かった場合、株を買う前に株価が下がるまで待つことをお勧めします。
Q
予測にエントリーポイントとエグジットポイントがありますか
A
予測は、アルゴリズムが前日の新しい情報を処理し、前日の成功/失敗から学習するたびに毎日変わります。エントリーとエグジットのための厳しい規則はありませんが、株価が1か月か3か月の予測のいずれかでトップ10に入ることがわかった場合は、買う前に1週間ほど待って観察することをお勧めします。株式の短期予測の一般的な方向性だけでなく、株式の長期的なシグナルの展開も見ることが重要です。株式がマイナスの短期予測をする場合、長期的な成長を予測し、株式を購入する前に、その株式を安く買うことができます。
Q
I Know Firstの 週刊ニュースレターとは何ですか?
A
毎週日曜日に無料のニュースレターを配信しています。最新のパフォーマンス予測チャートと株価予測グラフ、スタッフが作成した記事、製品クーポン、投資家が興味深いと思うその他の資料が含まれています。
週刊ニュースレターは無料です。
Subscribe Todayページに行くと、ページの右側に名前と電子メールアドレスを送信するためのボックスがあります。電子メールアドレスを登録すると、次の日曜日に無料のニュースレターがは配信されます。
Q
さまざまな株式、商品、通貨などのバンドル製品を購入できますか?
A
さまざまなアセット・クラスの予測を含むカスタマイズ可能なバンドル製品を多数提供しています。株式、アグレッシブ株式、欧州の株式、通貨、コモディティ、債券、ETFなど、バンドル製品を作成するには、join@iknowfirst.comまでご連絡ください。
Q
I Know First社は何をする会社ですか?どのようなユニークな問題を解決しますか?
A
資本市場は非常に複雑で、絶えず進化するシステムであり、I Know Firstの自己学習予測アルゴリズムは、人工知能と機械学習技術を利用して、過去の大規模な株式市場データセットの関係やパターンを発見します。その結果を分析、行動予測し、日々の最良の市場機会を識別することができます。
機関投資家や個人投資家やファイナンシャルアドバイザーは、投資意思決定や勧告をより自信をもって支援するだけでなく、金融市場について異なる視点を提供するなど、高度なテクノロジーを求めています。さらに、市場参加者は、あらゆる種類の市場環境をうまくナビゲートできるように、膨大な量のデータを消化して理解する必要があります。私たちは、AIベースのアルゴリズム市場予測を日常的に提供することによって支援します。
株式、世界のインデックス、ETF、金利などを含む7,000以上の成長するユニバースを対象に、毎日、短期、中期および長期的な予測が生成されます。各資産の予測には、アルゴリズムに基づいて最も予測可能な資産を特定し、リスク調整後のパフォーマンスを達成するために使用される独自の予測可能性指標があります。この先進的なアルゴリズム予測システムを通じて、I Know Firstは階層型の製品を構築しました。
Tier1:AIベースの株価予測ツールと投資機会スキャナ
Tier1は、お客様のニーズに合わせて標準化または調整されたアルゴリズムによる予測レポートで、お客様の投資プロセスに統合された場合に、最適な投資機会を特定し、現在のポートフォリオの保有状況を監視するのに役立ちます。
Tier 2:AIベースのポートフォリオ
Tier 1サービスに加えて、Tier 2は日次予測をポートフォリオに変換しています。アルゴリズム予測指標は、体系的な取引およびアロケーション戦略の開発に利用されます。選択されたリスクと取引活動プロファイルに応じて、戦略は、ヘッジファンド、ミューチュアルファンドを開始するか、スマートベータまたはアクティブに運用されるETFやその他の投資ビークルを構築するためにI Know Firstと連携して使用されます。
Q
いつ株価予測を入手できますか?
A
日次株価情報は、次の日時に電子メールで送信されます。
日曜日(これは月曜日の予測) – 米国株式市場が開かれる1時間前。
火曜日から金曜日 – 米国株式市場が開かれる1時間前。
Q
I Know Firstのビジョン?
A
I Know Firstのビジョンは、資本市場向けの高度なAIベースの予測ソリューションを世界各地の非常に幅広い顧客に提供することです。すでに米国で強力なプレゼンスを確立しており、ヨーロッパ(イタリア、オランダ、フランス、英国、ロシア)、東アジアなどの新しい市場に参入しています。
システムを学習させた後、実際にローカルの株式市場向けに予測システムをカスタマイズすることが可能です。こうすることで、クライアントはローカル証券取引所(Tier 1)で取引される資産の大半の日次予測を得ることができます(Tier 1)。また、アルゴリズムポートフォリオの構築も可能です(Tier 2)。