Activities

2021年7月2日にオンラインワークショップ「アスリートと資産形成 ~人生100年時代への示唆〜」を開催します。

2021.06.18 (Fri)
JIAMでは、7月2日にオンラインワークショップ「東京オリンピック・パラリンピック スペシャル アスリートと資産形成 ~人生100年時代への示唆〜」を開催いたします。
多くの選手が30代で選手としての引退を迎えるアスリートの人生設計や、マネタイズの考え方は、会社員はもちろん経営者やアーティスト等全ての社会人にとって多くの学びがあります。
今回は「スポーツファイナンスと国際金融都市」というテーマのもと、東京大学金融研究会 顧問の伊藤潤一氏にご講演いただきます。

伊藤潤一氏のご協力のもと、リオ五輪銅メダリストの柔道の羽賀龍之介選手、競輪で東京五輪に出場される新田祐大選手をお迎えし、国際金融都市構想にスポーツという切り口から迫るウェビナーを開催します。

ヘッジファンド業界の最前線で活躍されてきた伊藤氏は日本人の金融リテラシー向上にむけた活動も展開されてきており、アスリートを対象に生涯設計と資産形成についても助言されてきています。競技人生の後の人生第2幕、第3幕を展望した資産形成から人生100年時代の資産運用を考えるこのセッションにどうぞ奮ってご参加ください。

開催日時

Agenda

  1. 開会
  2. 講演:スポーツファイナンスと国際金融都市 伊藤潤一氏(15分)
  3. パネルディスカッション 羽賀選手、新田選手、伊藤氏 (25分)(テーマ:アスリートから学ぶファイナンシャルプラニング)
  4. 自由討論 Q&A(20分)東大金融研究会の皆様、オンラインでご参加の皆様もお気軽にぜひご参加ください。

 登壇者

伊藤潤一氏 東大金融研究会 顧問

1993年東京大学卒業。三和銀行から、モルガン・スタンレー・アセットマネジメント、ゴールドマンサックス・アセットマネジメントを経て2002年にホライゾンアセットに入社。その後は、一貫してヘッジファンドにて日本株のロングショート戦略に従事。2015年1月からはPAG日本株式の責任者を務めた。その後ミレニアム・キャピタルマネジメント株式会社のマネージングディレクターを経て、現在Dymon Asia Capital Japan株式会社にてポートフォリオマネージャーを務める。

 

羽賀龍之介選手

旭化成所属。高校1年次には金鷲旗全国高等学校柔道大会で史上初の20人抜きを達成。

大学時代から現在まで数々の大会で優勝し、リオデジャネイロ五輪(柔道)では男子100kg級で銅メダルを獲得。

〜主な戦績〜

2016年 リオデジャネイロ五輪 100kg級 3位

2019年 全日本選抜体重別選手権大会100kg級 優勝

2019年 講道館杯全日本柔道体重別選手権大会100kg級 優勝

2019年 グランドスラム大阪100kg級 優勝

 

新田祐大選手

日本競輪選手会福島支部所属。

東京五輪での自転車競技メダル獲得並びに若手選手育成と自転車競技普及を実現する為に新チーム「Dreem seeker」を設立。代表を務める。

2021年 東京五輪 出場内定!

〜主な戦績〜

2012年 ロンドン五輪 チームスプリント入賞

2019年 世界選手権 ケイリン2位

2019年 UCI2018-19シーズン ケイリン最終ランキング1位

2019年 UCIトラックワールドカップ チームスプリント1位、アジア記録樹立

2020年 東京五輪 日本代表内定

2020年 全日本選手権 1kmTT1位(大会新記録)

2021年5月『TISSOT UCIネーションズカップ』男子スプリントで日本人初の優勝。

 

東大金融研究会

今回は東大金融研究会の学生の皆様にもご参加いただき、議論を行います

 

お申し込み

こちらのリンクから:https://jiam.typeform.com/to/aiQJedhH

もしくはcontact@jiam-consortium.org(担当:東海林)まで、「氏名、企業名、ご所属・役職、メールアドレス」をご記入の上、6月30日までにご連絡ください。(無料)

ご不明な点がある場合も上記にお問い合わせください。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

LinkedIn にシェア

Recommend