Activities

第3回 「資産運用×Fintechワークショップ 」9月26日開催

2019.12.10 (Tue)

第3回資産運用×Fintechワークショップ~資産運用エコシステムのデジタル化にむけて~

スピーカー   Simplex Asset Management  ディレクター 運用本部 野村至紀

第3回のワークショップでは、ポートフォリオマネジャーとしてAI,ML,オルタナティブデータ活用に挑戦してこられた、

シンプレクスアセットマネジメントの野村至紀氏から「投資運用におけるAI/MLの挑戦と展望」と題した講演を頂きました。
資産運用での過去からの技術進化を俯瞰すると(HFT等)残念ながらその果実を得る日本企業が現れなかったこと。
しかし、昨今のAI/MLの盛り上がりについては、既に幻滅期に入ったという見立てもあるものの、停滞している中で将来の果実を手にするには今が投資するのに良いタイミングなのかもしれない、では果実を手にする上で日本の運用会社に残されている課題は何かをお話頂き、参加者の皆様と議論頂きました。
 AI/MLを使いこなすには、「人材・IT・組織」が変化する必要があり、特に人への投資が一番の課題とのこと。
シンガポールの運用会社幹部は昇進する為にもPython のプログラミングコースを受講しなければならないことや、海外のとあるヘッジファンドは800名のデータサイエンティストを擁していることなどご紹介頂きました。
日本との差を痛感させられるエピソードですが、日本にも若手でコーディングができるのに、運用業界で活用できていない人材がたくさんいるのではないか、またAI/MLに必要なITリテラシーが過剰に捉えられているが、20行のコードで分散台帳の実装はできるのだから、まずは最低限人材を育てる等可能なことから着手する必要性についてもご指摘頂きました。
日時:2019年9月26日(木)16時~18時
会場 日本橋兜町6-5 FinGATE KABUTO
LinkedIn にシェア

Recommend